トップ > MTテンプレートタグ辞典 > エントリー関連タグ > $MTEntryID$

$MTEntryID$

エントリーの自動で割り振られるIDを表示させる変数タグ
特定のエントリーへのアンカーを作る時に利用できる。

[属性]pad="0 | 1"(桁数の指定)
  0 = 桁数の調整無し(例:12)
  1 = ゼロを左につけて6桁で表示する(例:000012)

記述方法

<MTEntries>
  <$MTEntryID$>
</MTEntries>

※ 個別エントリーアーカイブ以外ではMTEntries コンテナタグの中に記述する。
※ 個別エントリーアーカイブでは単独で使用可能。

サンプル

<h2 id="entry<$MTEntryID pad="1"$>"><$MTEntryTitle$></h2>

<h2 id="entry000001">エントリータイトル1</h2>

補足(桁数の指定方法)

pad属性では6桁固定となり、3桁や5桁など、任意の桁数に指定することができない。
そこで、任意の桁数にしたい場合はグローバル属性である zero_pad属性を使う。
zero_pad="N" と指定すると、全体でN桁になるようにゼロを左つけて表示させることができる。

<h2 id="entry<$MTEntryID zero_pad="3"$>"><$MTEntryTitle$></h2>

<h2 id="entry001">エントリータイトル1</h2>

補足(ID名はアルファベットで開始する)

CSS2では、セレクタ名は必ずアルファベットで開始しなければいけない。
なので、ID="<$MTEntryID$>" と指定するのは適切ではない。数字の前に「entry」などのアルファベットをつけるようにする。

なお、ID名にはハイフン(-)やアンダースコア-(_)などの記号も使えることになっているがCSSが適用されなくなるなどの問題が発生する可能性があるため、英数字のみを使うのが安全。

Movable Type 4 対応書籍

CMSとして使うMovable Typeガイドブック  Movable Type プロフェッショナル・スタイル MT4.1対応  Webプロフェッショナルのための黄金則 Movable Typeテンプレートタグ虎の巻 Movable Type 4.x対応 (Web Designing BOOKS―Webプロフェッショナルのための黄金則)
Movable Type 4 新しいWebサイトの黄金則-MTで実現するCMSサイト構築のすべて-  Movable Type WEBデザインの新しいルール  Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ―4.0完全対応