トップ > ホームページ制作用語集 > ホームページ基本用語 > XMLとは

XMLとは

XML(エックスエムエル)とは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。

Extensible Markup Languageの略で、「拡張可能なマーク付け言語」と訳されます。

マークアップ言語とは、「タグ」と呼ばれる特定の文字列で文章に構造を埋め込んでいく(意味づけする)言語のことで、XMLはユーザが独自のタグを指定できるので拡張性があります。
最近では多くのソフトウェアがXML形式のデータを扱えるようになってきました。

つまり、XMLで定義することで、文書の構造をその作り手が自由に決定でき、自由度の高い文書を広く交換できるようになります。